羽織の買取のススメ

当サイトでは羽織の買取方法について解説しています。

 

  • 引越しの整理で出てきた羽織
  • タンスの肥やしになってしまっている羽織
  • キズや汚れ、破れのある羽織
  • 証紙・鑑定書のない羽織
  • 遺品整理や形見分けで譲られた羽織

 

こうした自分ではもう着ない羽織が手元にあるなら買取に出してお得に処分してしまいましょう。

 

⇒ 早速羽織の買取を申込む

 

羽織はネットで買取できる!

羽織の買取を行ってくれるお店は多数存在します。その中でも当サイトでは羽織を直接持ち込む方法だけでなくネットから買取を申込める店舗を紹介しています。

 

こうしたオンラインのサービスの多くは宅配買い取りや出張査定に対応しているのが特徴。つまり、自宅にいながら羽織の買取ができるということです。

 

羽織は外に持ち出そうと思うと意外と大変ですよね?数着の着物を一度に運ぶのは中々骨が折れます。そのため、羽織の買取を検討した時に、直接実店舗まで運搬することを考えて諦める方もいるようです。

 

その点、宅配買取・訪問査定なら羽織を売りやすいですし、宅配買取なら近くに羽織の買取を行うお店がなくても利用可能です。

 

実店舗を持たずにネット専門で行っているところのもう一つの利点は高額査定となりやすいというところ。

 

敢えて実店舗を持たないことで人件費や土地代、テナント料などの経費を削減し、羽織の買取代金に充てるというシステムです。

 

当サイトでは羽織の買取を申込むのにおすすめのサイトをランキング形式で紹介しています。

 

PC・スマホからの申込で羽織の買取サービスを行うショップはいくつか存在しますが、その中から

 

  • 羽織の買取が初めての人でも使いやすい
  • 宅配買取や訪問査定により自宅で羽織の買取ができる
  • 大量の羽織でも買い取り・査定が無料でできる
  • 利用者が多く信頼性が高い

 

といったサイトを厳選しています。

 

 
スピード買取.jp

スピード買取.jpの特徴

・テレビCM・広告により認知度が高い
・出張・宅配買い取りを専門に行っている
・最短30分で羽織の査定スタート
・全国どこでも羽織の買取が無料
・状態が悪くても羽織を売ることができる
・羽織の出張・宅配買い取り・持ち込みに対応
・問い合わせから代金の振込、キャンセル料までの一切が無料
・専門性の高い査定員が対応
・業界トップクラスの豊富な実績
・幅広いジャンルの品物を取り扱い
・3ステップで簡単

評価 評価5
買取方法 出張・宅配・持ち込み
スピード買取.jpの総評

着物や和装小物の他にも幅広いジャンルの買取サービスを手掛けているサイト。お住いの地域にもよりますが、最短で30分で査定員が到着し、そのまま羽織の買取ができるというスピーディさが魅力です。
スピード感だけでなく、他店の見積もりと比較して1円でも安ければ全品返却と高価買い取りにも力を入れています。
テレビCM等で知名度も高く利用者も多いので、それだけ羽織の買取の経験や実績も豊富です。
出張査定に対応していないエリアにお住まいの方でも宅配買い取りにより羽織の買取ができるため、まずは気軽に問い合わせてみては?

 

 

 
買取プレミアム

買取プレミアムの特徴

・女性査定員指名可能
・出張・宅配買い取りを専門に行っている
・全国どこでも羽織の買取が無料
・状態が悪くても羽織を売ることができる
・羽織の出張・宅配買い取り・持ち込みに対応
・問い合わせから代金の振込、キャンセル料までの一切が無料
・専門性の高い査定員が対応
・幅広いジャンルの品物を取り扱い
・3ステップで簡単

評価 評価4.5
買取方法 出張・宅配・持ち込み
買取プレミアムの総評

自宅までスタッフが訪問してくれて羽織の買取ができる出張査定は便利です。ただ、女性の一人暮らしで見知らぬ男性が自宅に来ることに不安を感じるという場面もあるかもしれません。
そういった方でも安心して羽織を売ることができるよう、買取プレミアムでは女性査定員を指定することもできるようになっています。
訪問買い取りを頼みたいけれど男性の査定員ではなく女性にお願いしたい方はこちらを選ぶと良いでしょう。

 

 

 
ウルトラバイヤープラス

ウルトラバイヤープラスの特徴

・出張査定専門
・月間2万件以上の問い合わせ実績
・幅広いジャンルの品物を取り扱い
・査定料、出張料無料
・状態が悪くても羽織を売ることができる

評価 評価3.5
買取方法 出張
ウルトラバイヤープラスの総評

様々な品物の出張査定を行うウルトラバイヤープラスでは羽織の買取も行っています。
訪問買取を専門に行っており即日換金も可能です。
月に2万件以上の問い合わせ実績があることから、知名度・経験ともに充分と言えるでしょう。

 

 

 
ヤマトク

ヤマトクの特徴

・宅配買い取り専門
・状態が悪くても羽織を売ることができる
・申し込みページがシンプル
・無料の梱包キットに羽織を詰めて返送するだけ
・年間10,000件以上の買取実績

評価 評価3
買取方法 宅配
ヤマトクの総評

着物の宅配買取を専門に行うサイトです。
出張査定には対応していませんが、申し込みページがシンプルで見やすく羽織の買取の手順も分かりやすいです。
宅配便を使って羽織の買取をお考えの方には一押しのサイトです。

 

 

 
福ちゃん

福ちゃんの特徴

・出張、宅配買い取り、から羽織の売却方法を選べる
・査定料、キャンセル料など全て無料
・幅広いジャンルのWEB買い取りを手掛ける

評価 評価3
買取方法 出張、宅配
福ちゃんの総評

様々な品物のWEB査定サービスを手掛ける福ちゃんの着物・和装小物買取版です。
状態の悪い羽織、価値のよくわからない着物なども買取の対象。
買取価格UPのキャンペーンも随時打ち出しているので一度サイトをチェックしてみては?

 

 

おすすめは1位のスピード買取.jp

インターネット上から無料で羽織の買取ができるサイトを5つ紹介しましたが、特別なこだわりがないのであればやはり1位のスピード買取.jpをおすすめします。

 

店舗を持たず、出張査定・宅配買取を専門に行っているのが高額査定のショップを探すコツ。人件費や店舗の維持費を削減し、その分を買い取り代金に還元することで高価買取を実現しています。羽織の高額買取が目的の方にもおすすめできるポイント。

 

申し込んでから最短30分で羽織の買取ができるのも大きな魅力。現金での支払いなので思い立ったその日の内に羽織を買取に出して現金化することも可能です。

 

羽織の買取を頼むのにどこが良いのか迷ったらまずはスピード買取.jpをチェックしてみましょう。

 

羽織の買取価格が高いのは?

近年のリサイクルブームで中古の着物や和服・和装関連の品物の需要が高まってきています。そのため、羽織などの和装関連の査定価格も高くなりやすいと言えるでしょう。

 

羽織をはじめとした着物・和装関連は買取でも定番の品物。それだけに羽織を取扱う買取店は多いです。

 

ここではそんな羽織の買取を依頼するお店を選ぶコツをお教えします。

 

羽織の買取を行う店舗には実店舗で査定・鑑定をするところとそうでないお店があります。店頭で着物の換金を行うところ以外はネットを通じて羽織などの現金化をしていることが多いです。

 

そうした実店舗のないオンライン査定専門店は羽織の買取価格も高くなりやすい傾向にあります。経費が比較的安くて済むため、その分羽織や着物を売る時の価格を上げてくれるのです。

 

羽織を売るお店で迷ったらネットから中古買取を受け付けている店舗を選ぶのが賢いやり方です。

 

当サイトでも紹介しているスピード買取.jpは羽織を初めて売る方でも使いやすい便利なサイトです。

 

最短30分で査定スタッフが訪問してきてくれて、そのまま現金支払いで引き取ってくれるので羽織の買取にあまり時間を掛けたくない方にもおすすめです。

 

証紙なしや無名作家の着物でも買取OKですし、帯や反物でも換金可能です。遺品や形見分け、人から譲られたりで不要な着物があるならまずは気軽に相談してみましょう。

 

スピード買取.jpの買取価格の例

  • 証紙付きの著名作家の着物や帯の価格 ⇒ 698,000円
  • 証紙付きの本場結城紬、本場大島紬、牛首紬の価格 ⇒ 210,000円
  • 友禅の訪問着や琉球絣、有名作家の逸品などの価格 ⇒ 120,000円
  • 置き場に困っていた着物類に混じっていた草野一騎作品の色留袖や牛首紬の帯の価格 ⇒ 74,000円
  • 人間国宝の品や老舗機屋の帯の価格 ⇒ 350,000円
  • 加賀友禅の色留袖や辻が花訪問着、千總の振袖など高級着物複数の売却価格 ⇒ 173,000円
  • 成人式で着用した鮮やかな色合いが特徴の振袖をはじめとした着物類の価格 ⇒ 97,000円
  • 山口美術織物の御御帯など複数枚での価格 ⇒ 46,000円

 

悪徳業者に注意!

最近着物などの押し買いや訪問買取詐欺が増加しているようです。

 

国民生活センターによると、不用品を買い取ると言っておいて貴金属などを強引に持っていったりといった事例が発生しているとのこと。

 

そうした悪質な業者に騙されないように気をつけましょう。そのためには以下のことに注意しましょう。

  • 突然訪問してきた購入業者は家に入れない
  • 買い取りを承諾していない物品の売却を迫られてもきっぱり断る
  • 購入業者から交付された書面をきちんと確認する
  • クーリング・オフ期間内は購入業者に物品の引渡しを拒める
  • 万が一購入業者とトラブルになったら消費生活センターに相談する